プロフィール

プロフィール 祖母から譲り受けたキモノに一念発起!
昨年なんとか自力で着付けをクリアーし…
現在の目標はキモノで落語を演ずること〜
そんな無謀挑戦中の漫画ルポライターッス
↓本家のHPはコチラ↓

連絡先

ご連絡・仕事のご依頼等は
↓こちらから↓
□お問い合わせ□

オススメキモノ本




著書










月刊WEB連載

過去の連載記事

モバイルQRコード

qrcode

【体験】琉球紅型-(4) [見ちゃった!!スンゴイ作品]


一通り作業を終えると(母は終わる前から・汗;)前回、反物などを見せて頂いた
展示室で、今回はたくさんの紅型染めのきもの、帯などを見せていただきました。

母がもっとも欲しがったのが……(結局、この日は買わせなかったけど)

この鬼シボの桜の葉柄多色ショール。色の境目に絞りが入っています。

工房から一歩でたところにある落ち葉で模様を染められたそうです。
まさに天然の型紙だねぇ〜。

そして、ここからが母娘して感嘆の声をあげた紅型染めきもののオンパレード!

まずこちらは……振袖。

まだ10歳だというお孫さんのために、「元気なうちに作っておかないとね」と
土方さんのご主人がお孫さんが成人されたときのために作られたそうです!

エエ話やないですか〜悲しい

そ、それにしても! う、うらやましすぎるぅぅぅ〜!!!!!

続いては・・・これはまた〜大人の雰囲気!の藍型??でございます。

美しい・・・これを身に着けて現れたらエエ女間違いなしやね。
ただものでない雰囲気ですよ、きっと〜。(ワタシはキャラじゃないけどTvT)

そして、最後はこれぞ琉球紅型!という感じの配色のお着物です!

でも、これでも本来からしたら、もう地味地味地味ぃぃぃ〜なんですって。

「最近の若い人は地味な色が好きだからねぇ。なかなか原色色とりどりで
派手派手〜っていうのは作っても売れないのよねぇ〜」と奥様が一言。

え…じゃあ、あの原色、色とりどり、やりたい放題ぃ〜で作った
わたしの(いやOちゃんのものになる)ネクタイは……どうなんで……。

奥様の「あれはあれでいい味になる…わよ」の言葉がとても気になりました(冷汗;)


着物のプロや、道具のプロの集う和情報のブログポータルはこちらへどうぞ。
ワタシもひそかに楽しみにしているサイトが実は3つくらいあるんですョ・・・♪

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

じ、実は昨日…仕事に夢中になっていたら、
着付け教室のことが思いっきり頭からすっとんでしまいました。
わーん汗肝心なところで…!!自分のバカ〜っ。
どうぞ、応援投票ヨロシクおねがいいたしますm(..)m


コメント
たぶん、紅型は彩度や明度が統一が取れているのではないかと思います。
アンティークはそのあたりの感覚が今と違うのであわせづらく
感じてしまうのと一緒で、全体の色調より明るい色を持ってきたのが
南国っぽくなった原因かと思います。
でも、それこそオリジナルの醍醐味、ネクタイに向かなくても
いい生かし方があると思います。
  • ひよっこ
  • 2008/11/06 7:32 PM
たかぎさん、
ただただ、ため息ですね
日本伝統文化、技術って凄いですね
実物を見たら感動の嵐でしょうね
いつも行っている呉服屋さん
今度、型染め展をやるって仰っていたので
目の保養に行ってこようと思います
  • chi
  • 2008/11/07 8:51 AM
★ひよっこサン

いつもコメントありがとうございます!

>たぶん、紅型は彩度や明度が統一が取れているのではないかと思います。

あぁ、なるほど…明度・彩度はイラストレーターの基本なのに…お恥ずかしい^^;
師匠たちは、もう経験的にそのあたりの色合わせがひらめくんでしょうね。
今週末はいよいよ「洗い」です。わたしの初紅型染め♪
どんな顔が見られるのか、いまからとっても楽しみです!
★chiサン

ほんっとうに、技術ってすごいですよねぇ。
型染めを作るには、まず型がいりますものねぇ。
わたしは今その型紙のことにすんごく興味をもってしまいました。
実は、古い型紙を集めたりしてます・・・(笑)。
小生はホメられて伸びるコでゴザル〜
一見さんも常連さんもコメントワイワイ大歓迎ッスよ!








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック