プロフィール

プロフィール 祖母から譲り受けたキモノに一念発起!
昨年なんとか自力で着付けをクリアーし…
現在の目標はキモノで落語を演ずること〜
そんな無謀挑戦中の漫画ルポライターッス
↓本家のHPはコチラ↓

連絡先

ご連絡・仕事のご依頼等は
↓こちらから↓
□お問い合わせ□

オススメキモノ本




著書










月刊WEB連載

過去の連載記事

モバイルQRコード

qrcode

【体験】琉球紅型-(2) [母、陶酔スル!?]

さて、土曜日にいよいよ行ってまいりました「紅型染め体験」!(前回参照)
O氏に車の運転をお願いし、今回は珍母も伴って、10:30に現地到着です。
(O氏には体験の間いすみ川フィッシングパークで遊んできてもらいました。
これが意外にも!?けっこ〜釣れたらしい。それなりホクホクだった様子……)

工房に入るとですね、数日前に電話で「母もお邪魔させていただきます」
とお伝えしていたので、おそらく気を使っていただいたのでしょう〜。
体験用の同じものを、なんと母の分まで用意していただいていました!!

左が母の型紙「竹模様」、右がわたしの「花模様」です。
これには母も感激!「わたしにできるかしら〜!できるかしら〜!」
なんていいながら、かなりやる気なのは横からビシバシ伝わってきます。

さっそく、自分の好きな色、イメージなどをお伝えし……

上に見えるのが防染糊です。この糊と手前の染料を調合していきます。

できあがったのが、とりあえずこの4色!

「原色で!できるだけ原色でまずはおねがいします!」
とお願いしてみました。ここから少しずつまぜるのもまた楽しい!

左の母は地味目の色。塗っているのは竹部分です。

各色を塗る場所を指導してもらいながら染めています。

一時間ほど経った頃、母が急に立ち上がりキラキラとした目に言い放ちました。
「わたし…なんかもうコレ、わかったきがするっ!」

エエエーーー! 
いくら師匠が食事中だからって、
そんな大言壮語ッ!!勘弁してよ〜。

「うわー、もうこれハマッっちゃったかも〜!!
 あ、ごめんアナタの方まで塗っちゃったっ♪」


オ、オイーーーー!!

なんだか、本当に母はこの紅型染めの作業が気に入ってしまったらしく、
作業も手早く、自分のが終わると、しきりにわたしのを塗りたがるのでした。

さて、わたしの方もちょこちょこと塗り始め……

そう、刷毛で色を挿れていくので、
なんだか染めるというより塗るという感じ。

わたしの方は「好きなようにやってね」という感じで、
本当に自由に塗らせてもらいました。

結果、どうも南国風味に…こ、これO氏のネクタイにするんだったよな…(汗;)

着物のプロや、道具のプロの集う和情報のブログポータルはこちらへどうぞ。
ワタシもひそかに楽しみにしているサイトが実は3つくらいあるんですョ・・・♪

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

この紅型体験、あと2回分続きます!
次回「塗りぬり、どこまで塗り!?」
どうぞ、応援投票ヨロシクですm(..)m


コメント
小生はホメられて伸びるコでゴザル〜
一見さんも常連さんもコメントワイワイ大歓迎ッスよ!








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック