プロフィール

プロフィール 祖母から譲り受けたキモノに一念発起!
昨年なんとか自力で着付けをクリアーし…
現在の目標はキモノで落語を演ずること〜
そんな無謀挑戦中の漫画ルポライターッス
↓本家のHPはコチラ↓

連絡先

ご連絡・仕事のご依頼等は
↓こちらから↓
□お問い合わせ□

オススメキモノ本




著書










月刊WEB連載

過去の連載記事

モバイルQRコード

qrcode

長良川で鵜飼い計画 [6月と9月の単衣はどう違う?]

友人に誘ってもらいまして、9月に人生初!の鵜飼いに行けるかもしれません!
それで、名古屋に住む別の親友に「帰りに1泊させてや」と話をしたのですが、
そこで、彼女と話すうちに…

「もしやこれまで私は鵜飼いに対し

トンデモナイ勘違いをしてたのでは?」


という重大な疑惑が浮上して参りました。

あのね・・・鵜飼いってね、やるものだとおもってたんですよ。
・・・自分で。えさとなる「鮎?」をまいて。。。
てっきり鵜匠の師匠に指導して頂きながら、体験するんだと思ってたんですね。

これには友人も呆れて「鵜匠の仕事は素人の体験にできるもんとちゃう!」
と、諭されてしまいました。ご、ごめんなちゃい・・・m(..)m
(でも想像しちゃったんだよぅ〜、自分が鵜匠の格好をして、お正月の
 相撲取りの神社での豆まきみたいに魚をまいているところを・・・!!)

というわけで、師匠の仕事をしっかり見学してまいりたいとおもいます!

---
で、ここからがきもののお話なんですが。。。

せっかく鵜飼を「見学しにいく」のだから、きもので行きたいなぁ〜、と。
9月20日前後といったら、単衣の季節ですよね、、、。

ここで、ふと疑問。
6月の単衣、と9月の単衣では、なにか違いがあるのでしょうか。
素材、仕立て的には同じでも、やはりなにか季節感を出す工夫があるのでは
ないかとおもうのですが・・・そのあたり、どうなんでしょか・・・?

もし「こんな工夫があるよ」とか「秋口はこれが定番よ」とか「こんなの粋ね!」
「こんな着こなしが残暑の9月にはいいかも?」なんてお知恵がありましたら、
ぜひともご指導、アドバイスいただけましたら、幸いです。

やっぱり着物でお出かけの予定ができると、俄然たのしくなりますね♪
着物のプロや、道具のプロの集う和情報のブログポータルはこちらへどうぞ。
ワタシもひそかに楽しみにしているサイトが実は3つくらいあるんですョ・・・♪

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

おかげさまで、ズルズルしながらも、ランキング参加させて頂いてます。
週1〜2本のきまぐれ更新!どうぞ、投票ヨロシクですm(..)m


コメント
鵜飼いにいかれるんですねぇ。
私も想像してしまいました。
舟に乗って魚を撒いている姿w

秋の単衣は、帯・小物は袷用になると教わったような・・・・
そして季節の先取りで、
小物の色で秋を感じさせるのが粋かも♪

銀杏の色とかもみじの色とか。

後は帯留めとか根付なんかに秋を感じさせるものを使ったらさりげなくていいんじゃないでしょうか。
赤とんぼとか?

準備するのも楽しみですね。
楽しんできてください。
トンボはUターンしないでまっすぐ飛ぶ縁起ものだからお勧めします。

あと、ふくろうとか。。
”月”柄もとってもかわいいかも。。(≧∇≦)b
  • sakura
  • 2008/06/18 12:40 PM
こんなのがあったよぉーー六月の単衣と九月の単衣

http://okanoen.blog53.fc2.com/blog-entry-201.html

http://okanoen.blog53.fc2.com/?no=272

私が思っていた単衣の違いって その季節の柄などを使っている場合で お花柄なんかが違うと思っていたぐらいで(笑)はぁ〜難しいのですにゃ
  • mouchi
  • 2008/06/18 1:14 PM
京都でも鵜飼い、やっていますよ。
嵐山付近の桂川と、宇治の宇治川で。
長良川は有名で子供の頃、見に行った記憶があります。

ただ、小さな小舟に乗ること。
水辺の近くなので、濡れてもいい「洗える着物」がいいのではないか、と思います。
鵜は鮎を捕まえたら鵜匠によって喉を締め付けられます。
それが苦しくて鮎をはき出し、その鮎を人間が捕ってしまうという
ある種、残酷というか、人間の汚さというか。
そういう行事(?)なので、鵜は苦しんで水をバシャバシャとやります。
どの辺りまで近づいて見るかによって違うのですが
近い場所だったら、濡れることも考慮しておかれた方が宜しいかと思います。

私は単衣なんて2枚しか持っていないので6月も9月も同じものを着ています。
6月用単衣、9月用単衣、と分けて着ることが出来るほど
着物が欲しいものです。
  • 和代
  • 2008/06/18 2:35 PM
私もラチョスさんと一緒で、小物・半衿は袷のものを使うと聞きました。
帯は単帯か後半は袷の帯もよいと。
でも、襦袢は夏物でよいのだそうです。
はじめて聞いた時はなんとややこしいと思いました。
6月は先取りだけなので難しくはないのですが、9月の単衣は先取りと
(小物・帯)季節のもの、後からでよい物(襦袢・羽織など)
と混じっていて一番難しい季節ですね。
もし嫌いでなければボルドーのようなこっくりした色を帯揚・
帯締めに使ったりすると一気に秋っぽくなります。
秋のイメージの色なら何でもよいのですが。
たぶん、その時期に好ましい色を選べば季節に合うと思います。
たかぎさんがお好きな緑だと合わせ方で初夏にも秋にも合いますので
どうぞ自分の感性でお選びください。

ただ、いやなことを言うようですが、たしか鵜匠の操る船は
篝火をたいていたように思います。
それを見物する船が取り囲んで見るのだったと思うので、場所に
よっては火の粉が飛んでくるかもしれません。
なので、浴衣体験で作った浴衣、あれはクオリティで言えば十分
木綿の単衣として着られると思いますので、襦袢を着て献上の
帯など締めて小物で秋らしくというのはいかがでしょうか?
  • ひよっこ
  • 2008/06/18 2:55 PM
長良川の鵜飼、
鵜飼ショーみたいな感じらしいですね
船に乗って、鵜匠の乗った船を眺めるっていうような感じ
花火や食べ物を売る船が近づいて来るので、
花火を買って、船から花火をやったりするそうです
割と長良川は近いので、両親や知り合いの殆どが
鵜飼は、経験済みですが、私は、まだ行ったことがありません
着物を着て行かれるなら、洗える物で行かれた方がいいですよ
夏なら浴衣で十分だと思います
ちょっと粋に着こなせば、浴衣でも全然問題ないと思うし
浴衣も生地や柄付で格が高いものもあるし
綿絽の浴衣なんか如何ですか?

  • chi
  • 2008/06/19 7:43 AM
長良川で鵜飼、いいですね〜。

私も単衣って4枚しかないので・・・。
ただ、季節限定柄というものは避けて、色の印象で初夏用と秋用に分けています。
あとは帯や小物で季節感を出すとか・・・。
和装は季節の先取りがお洒落というので、9月後半なら長襦袢も袖無双(袖だけ袷)や帯や小物も袷用になりますね。
木綿は6〜9月まで着用可能なので大丈夫だと思いますよ。
長良川鵜飼はchiさんの言われるとおりの鵜飼ショーです。
余程のことがない限り、川の水が掛かるということは
ありません。
でも、川辺でも9月は暑いかもしれませんので洗える着物が
いいと思いまする。
(川風にさらされるので、帯も洗えるタイプがいいかも)
船の中はゴザ敷きに座布団、テーブルといった簡単な設え。
着物を着た女性が乗ってると風情があっていいんだよね。
(どうしてそんなに詳しいかって?おほほほ!鵜飼船も
バイトで乗ってました。・・・船頭じゃないよ〜。着物着て
お給仕したたのよ)
  • 麿里
  • 2008/06/19 10:22 AM
単衣の着物も何枚かありますが、同じような疑問を持っていました。皆さんのコメント参考になりました。
ありがとう!
楽しいブログ、毎回楽しみにしています。
  • RUBE
  • 2008/06/23 9:50 AM
★ラチョスサン

>私も想像してしまいました。
>舟に乗って魚を撒いている姿w

そうでしょう?そうでございましょう!?!?
まったくそういうものだと思い込んでいたのですよ。

>秋の単衣は、帯・小物は袷用になると教わったような・・・・
>そして季節の先取りで、小物の色で秋を感じさせるのが粋かも♪

帯、小物は袷用になる・・・としたら、ラッキーです〜。
だって、単衣用の小物、ほとんどもってませんから。。。汗、汗。

★sakuraサン

トンボはUターンしないでまっすぐ飛ぶ縁起ものだからお勧めします。

トンボは季節的にも、縁起物としてもいいんですね!
おしゃれに半襟なんかにしてみたいです〜。


あと、ふくろうとか。。
”月”柄もとってもかわいいかも。。(≧∇≦)b

★mouchiさん

情報ソースありがとうございます。
おお、やっぱり奥が深いのね・・・。
でもまぁ、ゆるゆるとできる範囲で楽しんでみます〜^^。
そもそも、そんなに(着られる)着物ももってないですし〜(それが問題ダ!)


★和代さん

わたしもなぜか鵜飼いといったら、宇治川のを想像していました。
お料理屋さんのテラス?みたいなところから見えるようなイメージ・・・。

>水辺の近くなので、濡れてもいい「洗える着物」がいいのではないか、と思います。

なるほど・・・最近すっかりシルックの反物探しにハマッテいます。
いいものがあったら、秋のシルックも仕立ててみたいなぁ・・・。
★ひよっこサン

>浴衣体験で作った浴衣、あれはクオリティで言えば十分
>木綿の単衣として着られると思いますので、襦袢を着て献上の
>帯など締めて小物で秋らしくというのはいかがでしょうか?

わ、そんな手が!!
ぜひ候補のひとつにしてみたいとおもいます。
浴衣を基軸に小物なども考えてみよう〜。
そう考え出すと、また楽しみがとまらないですねぇ〜。
きゃー、また今晩からオークションうぉっちんぐぅ〜生活復活の予感…。

★chiサン

>夏なら浴衣で十分だと思います
>ちょっと粋に着こなせば、浴衣でも全然問題ないと思うし

今ふと思ったのですが、9月の中盤なのです。
浴衣として着るには遅い季節ですよね。
でも、木綿の着物として着れば大丈夫な感じなのかな・・・。

いずれにせよ、暗いところでの観賞だし・・・本人満足ならよし、
という気もしているんですが^^;


★まるにゃんサン

>木綿は6〜9月まで着用可能なので大丈夫だと思いますよ。

お、おお。ここにお答えが!!
よし、そしたら、木綿きものってことでおしゃれちゃんしちゃうぞーーー。
(とはいえ、木綿の着物ってもってないので、初めてなんですけど・・・)
★麿里ン

>(どうしてそんなに詳しいかって?おほほほ!鵜飼船も
>バイトで乗ってました。・・・船頭じゃないよ〜。着物着て
>お給仕したたのよ)

まろりんなら、船頭さんもイケそう・・・ってさすがに無理よね^^;
まろり姉さんもきものでいきましょうよぅ。
ビールのんでも、風情のある姉御に見えますぞよ・・・(笑)。

★RUBEサン

やっぱり同じような疑問をおもちの方がいらっしゃったんだ〜。
よかったー、うれしいです。

またブログ再開しましたので、今後ともまたどうぞよろしくお願いします♪
小生はホメられて伸びるコでゴザル〜
一見さんも常連さんもコメントワイワイ大歓迎ッスよ!








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック