プロフィール

プロフィール 祖母から譲り受けたキモノに一念発起!
昨年なんとか自力で着付けをクリアーし…
現在の目標はキモノで落語を演ずること〜
そんな無謀挑戦中の漫画ルポライターッス
↓本家のHPはコチラ↓

連絡先

ご連絡・仕事のご依頼等は
↓こちらから↓
□お問い合わせ□

オススメキモノ本




著書










月刊WEB連載

過去の連載記事

モバイルQRコード

qrcode

【お道具】コレ、何だすか!?

母から追加でもらいマシタ。この帯枕?

ワタシの知ってる帯枕の下にタオル掛けがついたような・・・。


このタオルのところに帯をかけるのか!?!?謎です。

でもこれって、母の時代からあるくらいだから、
けっこうポピュラーなものなんだろうなぁ?

でも日本和装ではやらないのかな・・・?あ、いや、それは先生によるのか。
これを使って帯結びを教える先生もいらっしゃるんでしょうね、きっと。

せっかくだから、コレを使った帯結びも学んでみたいなぁ〜、と思いますね。
(どこで習えるんだろ!?)

それにしても、母からもらう道具っておもしろいですね。
本当にやまほど、補正用品とかでてくるんですよ〜。
しかもけっこう凝ったつくりのばっかり。

「おかーさん、ほんとによくこれだけ買ったね〜〜〜」とおもうんですが。

肝心の母は、「言われるままに買ったのよ」とお嬢な発言。
そして、相変わらず「続けなさい。和裁より着付け!まずひとつを極めなさい!」

そういうおかーさんなんて、「華道に茶道に着付けに日舞に洋裁」と
めっちゃOL時代掛け持ちしてたんじゃないのーーー!!と思うのですが、
そういう時代だったの」のひとことで片付けられてしまいました。

でも、きわめなさいっていわれたって、目標がないと・・・。
他装がしたいわけでも、先生になろうというわけでもないのに、、、。

すると「あなたが書くためじゃないの!知識があって情報にふれてなきゃ
深イイ〜イラストも記事も書けないじゃないの!
」とのたまった。
(↑一体いつ仕入れてんだこんな言葉・汗;)

ん〜、いまだ次のお教室については考えているわけですが・・・。
とりあえず明日は「浴衣の絞染め体験」ですので、朝6時出発で頑張ってきます!

まずは、このガラガラ声と、ときおり危ない声を上げる腹を治さなくては・・・。
着物のプロや、道具のプロの集う和情報のブログポータルはこちらへどうぞ。
ワタシもひそかに楽しみにしているサイトが実は3つくらいあるんですョ・・・♪

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

おかげさまで、ズルズルしながらも、ランキング参加させて頂いてます。
1日1本更新!どうぞ、投票ヨロシクですm(..)m


コメント
京都きもの学院では、最初、手結びからはしないんです。
この帯枕(と私達は呼んでいます)での帯結びから始まります。
それは最初から手結びだと難しいこと。
帯を巻く理屈をこの手結びで判ってから進んだ方が理屈が判って、他の帯結びも楽に出来ること、があります。

少し前、五十肩で手が上がらない時も、この帯結びに帯をセットしておけば、簡単に結べます。
京都きもの学院では、帯枕を使った色々な帯結びの本を出しています。(非売品ですが)
なので、それを使って、本来ならば自分では結べない立矢系の変わり結びや、お文庫系の変わり結びなども出来ちゃうんです。
私的には、結構、お勧めの道具です。
コレがまさに「き○のレディ」で使うお道具の「教材枕」ございますよー!
ネットで探すと「M姿結帯具」というのがヒットしまして
ソンナのが正式名称なのか?と思ってしまいますが.....。

1回目の説明会で、「コレは必ず使いますからない人は購入して下さい。」と言われます。
ワタクシは手結びを習いたかったので、ガビ〜〜ン。でした。

ちなみに、日本和装では手結びしか教えませんので、コレは使いません。

サーチするといろいろ出てきます。なんかスゴイです。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/oookagofuku/b7ebc2d3b6.html
  • no_iron
  • 2008/05/30 12:08 PM
私もとても便利だと思います。
特にお太鼓柄を後姿にも前帯にもばっちり出すにはかかせません。
お祖母さまの帯の中には、3メートル20センチくらいのどうやったって
普通には結べない帯などがあると思いますが、そういう帯も
これを使えば簡単キレイに結べます。
そこまでじゃなくても、ちょっと昔の帯は3メートル50センチが標準で
今の帯より短めで結びにくいですから。
もちろん、袋帯や変わり結びにも使えますが、普段に使わないので
真価を実感するまでにいたらず。
補正の道具は買ってまでならいらないかもしれませんが、あるなら
腰のところに使う腰座布団(ヒップパッド)は帯が安定するので
着崩れ防止でお役立ちアイテムです。
  • ひよっこ
  • 2008/05/30 12:49 PM
たかぎさん、こんにちは^^

私は「改良枕」とか「窓付き枕」とかいう名前で教えてもらいました。
母の持ち物にもちゃんとありましたよ。
いっとき流行ったのかもしれませんね。
この枕の下の窓枠みたいなのに帯を通すので、結ばずしかも緩まないんだそうです。
しかもこの部分が帯にしっかり固定されるため、お太鼓も下がってこないそうですよ。
使いこなせると、すごい武器になりそうですよね。
  • まるにゃん
  • 2008/05/30 12:51 PM
是非是非、それ(教材枕)をお持ちになってきものレディの無料コースにどうぞ
それ、小林豊子着付け教室でも使いましたよ
母の習っていた装道の先生もそれでふくら雀を教えてくださいました
変わり結びするのに便利ですよ^^
まあ、この年になって、振袖用の変わり結びは必要ないけどね〜〜〜
短い帯や長い帯でも教材枕を使うと簡単に結べたりします
使う前日にセットしておけば、やり直しせず一発で簡単に太鼓が作れます
今は、有料のきものレディで教えて貰った手結びが一番簡単なので
もっぱら、その結び方で太鼓は結びます
でも、古い帯で短いものをどうしてもつけたいときは、
教材枕を使います
使い方を覚えておいて損はないと思いますよ
  • chi
  • 2008/05/30 3:48 PM
私も母からもらいました!
これを使うとお太鼓簡単だよって言ってましたが・・・
皆同じ形に仕上がってしまうので、付け帯付けてるみたいで味気ないけどね〜とも。
使い方しだいでは便利かも知れませんね。
  • のえママ
  • 2008/05/30 4:21 PM
ポイント柄の帯には便利でした。
前日セットしておけば、お腹とお太鼓の位置がバッチリで
何度も結び直さずに済みます。

これを使って自分の背中にふくら雀を結んで友人の結婚式に出席してます。万能なやつですよ。
  • 美紀
  • 2008/05/31 12:54 PM
私も若かりし頃、コレを使ってふくら雀を結んで結婚式に出席していました。
今も、時間のないときや短い帯を締めるときに使ってます。
便利なやつですよね。

以前、ブログに簡単に二重太鼓のセットの仕方を乗せてみました。良かったら覗いてみてください。
http://yaplog.jp/kobutaturedure/archive/281

★和代さん

>少し前、五十肩で手が上がらない時も、
>この帯結びに帯をセットしておけば、簡単に結べます。

なるほど・・・この器具は、帯を最セットしておいておいて、
それを後から背負う?ことができるのですね!?ちゅごいっ。

・・・ということは、今日のワタシのような(3日目なのにまだ)筋肉痛でも、
この帯枕ならば、ひょいっとお太鼓ができちゃう?(しかもカッコいい色んな結び方で)

うおーーー、これはぜひ習得してみたいお道具であります!!

★no_ironサン

>コレがまさに「き○のレディ」で使うお道具の「教材枕」ございますよー!

おおお、そうだったのか!!!そうだったんですね!?
これはますます、「7月からきものレディへ転校」の可能性は高くなってきたか!?(笑)

>ネットで探すと「M姿結帯具」というのがヒットしまして
>ソンナのが正式名称なのか?と思ってしまいますが.....。

あははははは、あはははははははは!!!!!!!
そのネーミングなんだかむちゃくちゃエロイよぉ〜〜!!!
す、すみません。モーレツに笑ってしまいました〜。ごめんなさーい!
いったいどこがMなのか、ぜひきものレディで聞いてみたいなぁ・・・!

★ひよっこサン

短い帯が、ちゃんと結べてしまうなんて!!
そんなお道具があるとはまったく知りませんでした。

日本和装の帯セミナーでは、せっかく譲り受けた帯もどうやっても結べない長さ
っていうのがあって、だから今でている長い帯を買うと使い勝手がいいって
お話を聞いていたので・・・(確かにそれはその通りなんですが)。

諦めていた、祖母の帯が締められるかもとおもうと、ちょっとワクワクしてきました!
これは絶対習得せねば〜!!
ごめんなさい。上のURL記事に飛ばないみたいですね。
何回やってみても出来ないので・・・・
本当にごめんなさい。

4月3日の記事に乗せてありますので、
良かったら見てみてください。

小生はホメられて伸びるコでゴザル〜
一見さんも常連さんもコメントワイワイ大歓迎ッスよ!








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック