プロフィール

プロフィール 祖母から譲り受けたキモノに一念発起!
昨年なんとか自力で着付けをクリアーし…
現在の目標はキモノで落語を演ずること〜
そんな無謀挑戦中の漫画ルポライターッス
↓本家のHPはコチラ↓

連絡先

ご連絡・仕事のご依頼等は
↓こちらから↓
□お問い合わせ□

オススメキモノ本




著書










月刊WEB連載

過去の連載記事

モバイルQRコード

qrcode

ハクビ学院一日体験に勧誘され〜

昨日、着物でいたわけでもないのに、三鷹駅でピンポイント!で勧誘されました。
(まわりに他にも女子はいたのに・・・なぜだ・・・!?)

しかも、勧誘してきた和装女性の第一声は、
「あなた、和とか、着物とか興味あるでしょう?ねぇ?」

えええええーーーー。な、なにを根拠に・・・・・・。
(この日の服装はY'sのボロつなぎに色気のないリュック。
どう考えてみても、和テイスト、どこにもナッシングゥゥゥ〜イケテルですよ!)

でも、せっかくなので、立ち話ですが、お話を聞いてみることにしました。

・数回のみのカリキュラムがいろいろあること。
・着物・お道具を貸してもらえるコースもあること。
・自分の着物で習うと、安いコースもあること。
・着物や帯をもらえる2回コースや4回コースもあること。

いろいろお話してくださいました。

ここで気になったのは「着物や帯をもらえる」って一体どんなものを!?

シルックのポリ着物だったら、ほしい〜〜〜!!って虫が良すぎますか^^;

でも、たとえどんなものであっても、着付けを体験後、自分で身につけられる
ものがあるのと、ないのとでは、その後のモチベーションが違うでしょうね。

そして、知れば知るほど、どんどんイイ物を目利きして欲しくなるという・・・(笑)。

カリキュラムを見ると、着付け教室によって、考え方が違うのがわかって、
いろいろおもしろいですね。日本和装の他にも、けっこう長期の無料講座を
やるところがでてきていますし、、、。

あ、そういえば・・・シルックといえばですね・・・。
Yahoo!オークションでこんな反物を見つけたんです。
「シルクール」って書いてあるんですよ・・・シルク風ってことか?


ブドー大島麻の葉模様着物反物シルクール

ん? ためしにシルクールを調べてみたら、放熱用シリコーンと書いてある。
(サンダルの足底部分や、靴の中敷きなどにも使われているとか・・・)

う〜ん、なんか違うような・・・。あれ?「ブドー大島」とも書いてある。
ブドー大島・・・ウールなのか??? 大島って???
なぞなモノに出会ってしまいました。模様は気に入ったんだけどなぁ〜。
着物のプロや、道具のプロの集う和情報のブログポータルはこちらへどうぞ。
ワタシもひそかに楽しみにしているサイトが実は3つくらいあるんですョ・・・♪

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

おかげさまで、ズルズルしながらも、ランキング参加させて頂いてます。
1日1本更新!どうぞ、投票ヨロシクですm(..)m




コメント
それはシルクウールじゃないでしょうか?
絹と毛とナイロンの合繊ですので、ウールよりは柔らかく
絹よりはお手入れ簡単です。
でも、京都の弘法市に今日行ってきたんですが、昔の反物の合繊には
面白い名前のものがありますね。
今は製造中止になってるだろう大手メーカーの聞いたことのない商標とか。
タグとか商標が残ってる昔のものは見てて面白かったです。
  • ひよっこ
  • 2008/05/21 5:36 PM
シルクとウールのアイノコでシルクールじゃないですか?
私も反物でしょうざんウール持っていますよ
同じような混紡率だと思います
仕立てようと思ったんですが
日本和装の先生が、
「今時ウールなんて寝巻きですよ。そんなもので外を歩いたらパジャマを着て歩いているのと一緒」
と、言われたので、仕立てる気持ちが萎えております・・・

私の住んでいる地域でも
無料着付け教室ではありませんが
化繊の着物のプレゼント付きの着付け教室ありますよ
化繊の着物のときもあれば、観劇券のときもあります
私は、観劇券つきで3回1万円の教室に行ったことあります
そこは、上のコースに進んでもらいたいということで
2回目のときに、学費の書いたパンフレット渡されて
色々なコースの説明がありました

色々教室も行ってみると
それぞれにいいところ悪いところがあって面白いかもしれませんね^^(いや、実際面白いですフフフ)


  • chi
  • 2008/05/21 5:56 PM
着付け教室も、ほんとにいろいろですね。
今のお若い方はは、親から教えられる
という時代ではないので、
どこかでならわなければ着られない、というのは、
ほんとにお気の毒だと思います。
私は親でしたから、月謝いらないし、
「ものさし」の叱咤激励つき、「ここがゆるい!」とか。

モンダイなのは、着付け教室で習うのは、
洋装で言えば「スーツ」とか「ドレス」の着方、
ウールや浴衣でもです。
それの「崩し方」や、個人個人の個性を生かす方法を
教えてくれません。
そこで習った人が、そこの先生になってると、
そこの着方だけが正しくなってしまう。
着物の魅力はいかに崩すか、だと私は思っています。
もちろん着崩れのことではなくて
「自分らしい着方」のことです。
半襟を何センチ出すなんてのは、自分の好みと
首の長さと相談すりゃいいんです。
着慣れてくれば「みっともないライン」は
自然とわかってくるものですから。

「ウールは寝巻き」というのは、不思議ですねぇ。
私の友人で「着物暮らしの人」は、よく着ています。
chi様、どうぞ仕立てて着てあげてくださいね。
「ウールが寝巻きなら、ポリはパジャマだっ!」
★ひよっこサン

>それはシルクウールじゃないでしょうか?

はっはーーー、そっかなるほど・・・そういうものがあったのか!

>でも、京都の弘法市に今日行ってきたんですが、
>昔の反物の合繊には面白い名前のものがありますね。

そんなところがあるんですか〜。
いままで、リサイクルショップでは着物ばかりみていたんですが、
反物をみてみるのもおもしろいのかもしれません・・・今度みてみます〜。
またオモシロいのがあったらアップします(笑)。

★chiサン

>シルクとウールのアイノコでシルクールじゃないですか?

ナイスネーミングですよ、それって。
最近のワタシの中でのヒット「ナイシトール(「内」臓「脂」肪「取〜る」」
にせまるものがあります!!・笑〜

>「今時ウールなんて寝巻きですよ。
>そんなもので外を歩いたらパジャマを着て歩いているのと一緒」
>と、言われたので、仕立てる気持ちが萎えております・・・

ひーーー、またそんな大いなる偏見で発言される方が〜〜〜!!
わたし、母からもらったウールの着物ありますよーーー。
日本和装の講習初日で2枚ともウールもっていきましたし^^
残念ながら裄が短すぎるので、今はちょっとしまってあるのですが、
母は気に入ったウールだったので、ずいぶん着たようです。
わたしもウールには興味がありますし、
近々会津木綿の産地にもいってみたいとおもっています♪

>色々教室も行ってみるとそれぞれにいいところ悪いところが
>あって面白いかもしれませんね^^(いや、実際面白いですフフフ)

そうですね〜、たしかにこのルポは面白くなるかもしれません...アハハーー;

★とんぼサン

>モンダイなのは、着付け教室で習うのは、
>洋装で言えば「スーツ」とか「ドレス」の着方、ウールや浴衣でもです。
>それの「崩し方」や、個人個人の個性を生かす方法を教えてくれません。

なるほど・・・本当にそうですね。そこまでいくには大変ですね。
確かに、洋装も和装もその人を引き立てるものであって、
着る人が主役ですよね。だから、最終的にはその人らしかったら、
それでエエんちゃうかな?とわたしもおもいます・・・。

>「ウールが寝巻きなら、ポリはパジャマだっ!」

あはは。寝巻きで仕事してることもあるアタチはなんもいえましぇーん^^;
ブドーとは市田のブランド名です。昭和四十年代頃までだと思います。女性が着物を日常的に着ていた頃、デパートなどで売られていました。おしゃれなシルク―ウールの紬です。大島風のほかにもいろいろ民芸調のしゃれた紬がありました。
  • imoriyam
  • 2014/11/04 10:45 AM
小生はホメられて伸びるコでゴザル〜
一見さんも常連さんもコメントワイワイ大歓迎ッスよ!








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック