プロフィール

プロフィール 祖母から譲り受けたキモノに一念発起!
昨年なんとか自力で着付けをクリアーし…
現在の目標はキモノで落語を演ずること〜
そんな無謀挑戦中の漫画ルポライターッス
↓本家のHPはコチラ↓

連絡先

ご連絡・仕事のご依頼等は
↓こちらから↓
□お問い合わせ□

オススメキモノ本




著書










月刊WEB連載

過去の連載記事

モバイルQRコード

qrcode

【ちょこっとコラム】着物(和装)の「格」がワカラナイ〜


連日、夜のインターネット巡りで欲しい着物や帯、小物に目をつけるものの、
これまでにもサイズの問題があったり、、、

実は、最近一部オークションで、出品帯がどうもコピー品っぽいのでは?という出品者を目にしてしまったことなどもあり(これは後日レポートの予定…)
ネットでの着物・帯の購入には、最近ますます二の足を踏んでいる。

しかし、そもそも気に入った着物や帯が見つかり、サイズの問題無しとしても、
そこで、一歩踏み出せないのは、やっぱりそれ以前の問題として、
着物や帯の「格」というものが全くわかってないからだと思う。

普段ワタシは洋服を着る分には、自分が気に入ってればナンデモアリなスタンスだけれど、それでも参加するイベントや場所によるTPOは多少は(汗;)わきまえる。

和装に関しても、慣れてしまえばおそらく自然と選べるようになるのだろうが、
慣れていない身では、もし自分が気に入って買ったもの同士の組み合わせが、
ものすごーーーくイタイ組み合わせだったりしたら、ちょっと悲しい。

でも「格」って、素材や作り方、仕立て方、形、色、様々なことで決まるらしい。
素材感、色と模様で選んでしまうワタシとしては、本当にワケがワカラナイ。

そんなわけで、洋服とも比較しつつ、関連サイトの情報を参考に作ってみた。


【着物と帯の格合わせ表】


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←結構面倒ダッタコノ表作リ…チョット一息ドウゾ温泉


う〜む、わかったような、わからないような・・・(笑)
(今おもったけど、大体お召しがどういうものなのか、着尺がどういうものなのか
わかっていないんだから、全部ワカルわけがないか・・・!)

しかも、和装にはこれだけでなくさらに帯締め・帯揚げ・小物の格まであるらしい!

フェーーーー!!!

「格」がワタシにのしかかってくる〜!



今は割とそのあたりのすみわけも自由になってきているらしいとは聞くけど……

でも、分かっていてそれを崩すのと、分からずに好きなようにやるのとでは
やっぱり大いに違うよなぁ〜。それは洋服も同じですから・・・。

ワタシが主に着ようとしているのは普段着だけれど、
そのほかのシーンでもせっかくだから着物で登場したい!

着付けはできるようになっても、
しばらくは「格合わせ」チェックを母に頼まなければ・・・。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←ほんっと、毎日更新のモチベーションの源デス!アリガトウゴザイマス!


あ、そうだ!・・・今日安くてデッカイ草履が届きました〜!

無事、はいりましたぁ〜!(TロT)9にょほほほ。

薬指、小指は外に出ています。
かかとは1.5〜2cmくらい後ろに出ています。でも履き心地いいよ〜!

今、さっそく履いて仕事場をぺったこーら、ぺったこ〜らしています。
仕事をするときは、今日はなんだか足元が寒いので、
そのままニャンコ用ホットカーペットに足を突っ込んでいます。

ああ・・・今晩持って寝ちゃう。。。Zzz〜 プシュー


コメント
たかぎさん、こんにちは。

着物を着るようになって、誰でもがぶつかる壁ですね。
格もそうですが、季節に合わせた素材もいつかぶつかりますよ。

多分、袋帯の結び方の後くらいに「着物セミナー」があると思いますが、その時に大体のことは教えていただけます。
もし、疑問に思うことがあればメモしておいて質問するといいですよ。
色んな格や素材の着物が勢ぞろいしますので、見て触って違いが分かります。
「お召」もあると思いますので、触ってみるチャンスですよ。
小姑みたいなことですみません。

略式礼装にも格づけがあります。
まずは、訪問着、次が色無地、次が付下げ、という順番です。
【訪問着】と【色無地・付下げ】では着物の作りからして違います。
訪問着は仮仕立てした、絵羽付け模様(関東ではこういう言葉ではないらしい)ですし、八掛けも基本は共八掛けです。
色無地・付下げは反物で、八掛けは共八掛けではありません。同じ略礼装でも格が違ってきますのでご注意下さい。

(共八掛けとは、作る着物と同じ模様の布で八掛けを作ることを言います。要するに布地が、八掛けの分、長い(多い)のです。だから、値段も高くなるんですね。)
追記です。

関西では、紬はお出かけ用ではなく、遊び着とされています。
どんなに高くても、「紬は紬!」と言われています。
もし、関西でお呼ばれされた時は紬は着ない方がいいと思います。
結婚式の二次会や観劇などは大丈夫でしょうが、観劇を目上の方と一緒に行かれる場合は、絶対に紬は辞めた方がいいと思います。

http://www.yayoiya.com/iroiro.html に着物の格のこと書いていますので、参考になさって下さい。
でも、私の場合、あくまで関西地方が基準です。
地方によって、許される場合もあるみたいです。
なので、一番いいのは、その土地に長く住んでいる方に聞かれるのがいいかと思います。

でもね、私は、「着物を着る」という姿勢がいいのであって、本来は、よほど正式なお呼ばれでない限り、目くじら立てなくていいと思うのです。
一人で(又は家族や親しい友達)と出かける時はあまり気にせず、好きな柄で好きな着物を着ています。
それに、これが小紋だとかこれが紬だとか、判る人が少ないからです。

で、得意先の所に行くとか、目上の方と一緒とかの時だけ
気をつけています。
(なにせ、京都の人は少し帯がおかしいとか、着物の着方がおかしかったら、知らない人でも直しに来たりします。ホンマです。だから、少し怖いです。)
安物の小紋の着物とか遊びに着て行きたいけれど、
着物に普段触れてない人が「え、着物なんて大仰な」
と引くかなあと考えて結局あまり着物着なかった
思い出があります。

着物のことを知らない人と少しでも知ってる人、
さらに詳しく知ってる人との間には溝があるよねえ。

銀座とか行っても初心者の私でもちょっとびっくり
する着付け方してる人いたりするし。
  • キン子
  • 2008/04/18 7:37 PM
たかぎさん
( ゜▽゜)/コンバンハ
格って難しいですよね
先生や着付け教室の組織によって
格付けが違いますね
去年、3回1万円で行った着付け教室の先生は、
小紋には、名古屋帯でも金糸銀糸が入ったものは好ましくないって仰っていましたが、
今の教室の先生は、そうじゃないし・・・

半幅帯の話
丸帯を解いて、ミシンで縫って貰うそうです
友達は、仕事が忙しいのと裁縫類は一切しないので
同居のお姑さんがやってくれるんだそうです
直線だから縫うのは楽だと思いますが
4メートル以上のものをひっくり返すのは結構大変かも
(返すのが大変な話は、仲良くしている和裁士さんに聞きました)
芯は、入れる時もあるし、入れないときもあるそうです
芯は、ネットショップで1000円くらいで買えます
  • chi
  • 2008/04/18 10:24 PM
★まるにゃんサン

ハァ〜、やっぱりぶつかる難問なのですねぇ〜。
その辺が肌でわかってくると自分の手持ちの着物選びも
楽しくなってくるのでしょうけれど、、、素人のワタシにはまだまだ…。

今すごく気になっているのは、修了式のことはもしかして暑い?
・・・ということは単衣なのかそれとも紗とか絽とか?なのか?
無類の汗かきなので、これからの季節キツイです・・・。

★和代さん

記事にて和代さんからのアドバイスを用いさせていただきまして、
事後報告ですみません。本当に毎回毎回ほぅ〜とかはぁ〜とか
参考にさせていただくことばかりで、感謝しきりですm(__)m。

>訪問着と色無地・付下げでは着物の作りからして違います。

つくりからして違うんですかっ!!
ぜんぜん知らんかった〜・・・というか訪問着と色無地と付け下の差
が、そもそもなんとな〜くしかわかっていないような・・・(汗;)。

そうそう先日、着付けの先生から色無地への紋の多さによって格がまた
変わるという話を聞き、自分が夫方の家紋を知らないことに気づきました!

でも、和代さ〜ん。ここでヘルプミーなのです(T0T)
確か関西では(と一括りにしてよいかわかりませんが)
嫁いだ後でも、自分の母方の紋をつけるんだったような?
でも、関東では(夫は神奈川県出身)夫の家の紋をつけるそうで。
これって、どっちを・・・?というかどっちも用意すべきなのか!?

まぁ、そういうシーンになったらの話なんですが・・・。
もし、和代さんの周囲にこんな経験談がありましたら、
お手すきのときにでもぜひアドバイスいただけましたら幸いです。。。
(もしかしたら、取るに足らないことなのかもしれないですが...)

★キン子どの

今度うちにいらっしゃるときは、ぜひぜひ着物でいらして〜!!
吉祥寺会(いつになるかワカランが・・・)は二人で着物でいっちゃう?

>着物のことを知らない人と少しでも知ってる人、
>さらに詳しく知ってる人との間には溝があるよねえ。

そうだねぇ。それは、感じるねぇ。
特に少しとさらに詳しくの間にけっこう溝が・・・。

★chiサン

半幅帯のこと、詳しくありがとうございます!m(__)m
うちにはミシンがないけれど、思わず楽天でコンパクトミシンとか
検索しちゃいましたよ…おお〜、こんなに小さいのにジーンズ地8枚!
とか〜(…ってそんなにジーンズ重ねて縫うことないよなぁ〜)

着付け教室を無事修了することができたら、和裁?への入り口
として、「半幅帯づくり」自分でやってみたいなぁ〜、と
いまから楽しみに素材を探す毎晩真夜中です。。。^^
たかぎさん、またまたこんばんは!

たかぎさんが通ってる着付け教室って春開講の分ですよね。
そうなると修了式は9月の単衣の時期だと思います。
確かに、修了式会場への移動中は暑いですが、会場は着物の集まりですから冷房を効かせてくれてます。
残暑が厳しい場合や雨の場合に備えて、会場でも着付けが出来るように控え室を用意してあります。

私は去年の9月の修了式にゲストとして参加しましたが、袷の訪問着で全然大丈夫でした。
無料着付け教室を修了したばかりで、単衣の礼装を持ってる方ってまずいないですから・・・。
もちろん先生方はプロですから、単衣の訪問着か付け下げです。

それと家紋のこと。
実家の紋でも嫁ぎ先の紋でもどちらでも着られますよ。
普通、お嫁入りで用意する色無地などには実家の紋を入れます。
結婚してから誂える場合は、当然旦那さまの家紋です。
結婚式等で留袖を着た場合、実家の家紋に対しては
「紋付きをもたせるなんて、常識的なのね〜」
と思われ、逆に旦那さんの家紋の場合、
「紋付きを誂えてあげるなんて、旦那さんたいしたものね〜」
と、どちらの場合も受けはいいみたいです。
それから同じ家紋でも「男紋」と「女紋」があるんですよね。
やっぱり着物って奥が深いですよね〜。
小生はホメられて伸びるコでゴザル〜
一見さんも常連さんもコメントワイワイ大歓迎ッスよ!








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック