プロフィール

プロフィール 祖母から譲り受けたキモノに一念発起!
昨年なんとか自力で着付けをクリアーし…
現在の目標はキモノで落語を演ずること〜
そんな無謀挑戦中の漫画ルポライターッス
↓本家のHPはコチラ↓

連絡先

ご連絡・仕事のご依頼等は
↓こちらから↓
□お問い合わせ□

オススメキモノ本




著書










月刊WEB連載

過去の連載記事

モバイルQRコード

qrcode

【4コマ漫画-2】 講習五回目 vol.3 帯セミナー


ちなみに彼女が選んだ帯のお値段は…40万超えでした……。
帯がヨイモノなのは、たしかにもちろんわかるのだけれど、、、
フツウの20代女子には手が届きませんん〜(TロT)。コレ、実情だとオモイマス。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

週末も毎週休マズ、毎日更新中デ〜ス(いまのところ…)!
毎回、見にきて頂いてちょっとでもぐふふとかほぅ〜とか
思っていただけましたら、ワタクシ最高の幸せ!デス^^。


コメント
お早うございます

はりこっちさん うんうん 似合いすぎる彼女って それはそれで大変だぁーーーー(>_<)
でも 熊野古道なんてどんな雰囲気の帯なんだろう??
私もその帯に惚れちゃいそうです

私も 若かりし20代の頃、つい着物の展示会に行き・・・無茶苦茶押されて買った事があります(>_<)
着物に帯に要するに一式です 100万円超えでした
それを五年かかってローンを組んだんですよぉーーーー

その着物何回着たんだろう・・・・10回はない(>_<)
やっぱりタンスの肥やしよね(もう 今更この年では似合わないもん きぃーーー笑)
  • mouchi
  • 2008/04/07 9:46 AM
どんなにいい帯でも、それに見合う着物がなくちゃいけないし、それにしても「熊野古道」なんて難しそうですね♪

次のきものセミナーのほうが価格を抑えてくるので、誘惑があるかと思いますよ!
  • どろ
  • 2008/04/08 11:57 AM
こんにちわ。
その、B子でございます。
ご指摘の通り、後半はヒヤヒヤでしたが、面白かったですね〜、帯セミナー。
「熊野古道の帯」、激シブでした!!
いろんな方に見てもらいたい帯なんですが…、写真撮れなかったのが本当に残念です。。。
冷静になって考えみても、珍品なんじゃないでしょうか?

あの帯に見合う格の着物も持っていないし、勿体無すぎて掛け軸(一目見たとき、本当に掛け軸かと思いました!)になってしまったらアホだし、そもそも値段が…
いや、いい思い出ができました。
帯メーカーのAさんのお話も、素晴らしかったですし!

セミナーといい、先生といい、うちのクラスはとってもラッキーだと思います。
こちらのブログも頻繁にチェックして、私も復習させていただきます!ありがたいです!

では、またお教室で。
  • B子
  • 2008/04/08 4:22 PM
★mouchiサン

似合いすぎる彼女…この後コメントしてくれてます(笑)。
熊野古道、ウン、確かに逸品だったとワタシも思いました。
だって、彼女に白の塩沢紬の反物と合わせて着せてみたら
まさに「尋常でない雰囲気・オーラ」出てましたもん〜!!

だけど、残念ながらワタシたち…その子(熊野古道)を見受け
するほどの甲斐性もなく、またそれに見合った格をもつ着物も
持ち合わせていないんですよね……悲しいかな〜。

きっとmouchiさんなら、スッとした立ち姿で目を引くだろうな〜。
ワタシが巻いたとしても、白い部分の多いパンダが向こうから
のすのすやってくる・・・って感じにしかならんのですよ(TロT)。


★どろサン

エッ!着物セミナーの方が買い求めやすい価格帯なんですか!?
えええええ〜、どうしよう・・・そのとき10Kg痩せてたら考えちゃうかも〜。
……なんて、ナイからだいじょうぶだな、きっと。

でも、わたしは祖母にもらった大胆な柄の着物ばかりなので、
(それはそれで、ものすごく好きなのですが)いまどきの着物のヨイ物
というのがどんなものなのか、とっても興味がありますね〜。
★B子サン

ヨッ、B子サンいらっしゃいっ!(笑)お待ちしてました♪
自動的にハンドルネームが決まっちゃってゴメンナサイ!

しかし、本当にあれは珍品というか逸品だったと思うわ〜。
たぶん誰が見ても、その帯は…何が描かれて(織られて)いるの?
と聞きたくなると思います。

でも、やっぱりワタシタチ、まずは着物からですよね……。それにしても似合ってました。

次の着物セミナーもB子サンには注目。
豆千代が好きといいつつも、どんなお着物に目をつけるのか、実は楽しみです♪
四ヵ月後、二人とも無事着物が着られるようになったら、
吉祥寺でお茶会しましょうね♪
小生はホメられて伸びるコでゴザル〜
一見さんも常連さんもコメントワイワイ大歓迎ッスよ!








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック