プロフィール

プロフィール 祖母から譲り受けたキモノに一念発起!
昨年なんとか自力で着付けをクリアーし…
現在の目標はキモノで落語を演ずること〜
そんな無謀挑戦中の漫画ルポライターッス
↓本家のHPはコチラ↓

連絡先

ご連絡・仕事のご依頼等は
↓こちらから↓
□お問い合わせ□

オススメキモノ本




著書










月刊WEB連載

過去の連載記事

モバイルQRコード

qrcode

講習第五回 vol.2 帯セミナー実況レポート

この日は、吉祥寺教室に9:40に全員集合。生徒さん総勢5名が参加した。
会場は以前わたしが通勤していた茅場町近くの帯メーカーさんの東京支店。

日本和装の社員さんと先生に連れられて、イザ、東西線に乗って出発!
(東西線は三鷹まで乗り入れているのでラクなのです〜。そう思って自宅を三鷹に構えたのに、
会社員辞めてしまったので、イマイチ交通の恩恵が…[関係ナイ話])


行きの電車の中ではメンバーと「楽しみだね〜」なんてちょっとずつお話。
普段の講習では、一緒に練習しているのだけれど、みんな着付けに必死で
なかなか個人的にしゃべったりする機会はないので、今回がヨイ機会。

さて、電車に40分ほど乗り、5分少々歩いて到着。

迎えてくださったのは、老舗帯メーカーの担当者A氏。
暖簾をくぐると、約50屬曚鰭屋に30-40本ほどの帯が展示されている。

到着の後、淹れていただいたお茶をいただく前に、部屋一面にかけてある帯
をぐるりと鑑賞。……すると、オッ!と目についた帯がまず一本アリ。
見ると「最高賞受賞」の札が。

思わず、隣にいたB子チャンにむかって、
「この帯が、最高賞取ったのって、なんかわかるよ・・・」
なんて、まるでワカッタような口をきく(笑)。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ今日は長いですよ〜。一息いれてクリックヨロシクデス!



さて、淹れていただいた独特の風味のお茶をいただき、いざ講義開始。
……といっても、担当者のA氏がとても明るく人柄の良い方で、
豊富な知識を並べるだけではなく、ヒジョーに話が上手なので、
ほんとに時折「ここは、ジャパネット242スタジオか!?」
と錯覚しそうになるほどだった。

(あそこまで、豊富な知識を織り交ぜて、流麗にわかりやすくしゃべりを
 完成させるまで、本当に苦労されたと思う……実際、あとでたずねて
 みたところ、ここまでやるまでに何年もかかっていて、社内でも練習
 を重ねて、毎年講義に改良の工夫を加えられているとのことだった。)

そんなわけで、終始飽きることも眠くなることもなく、むしろ感心ばかり
して本当にあっというまに午前中の時間が過ぎてしまった感じである。

いや、あっという間!といってこれでスルーしちゃうと、勿体ないから、
せっかくだし、この中身の濃い講義の一端を箇条書きしてみよう。

【午前中 帯セミナー講義内容項目抜粋】
・帯の主な産地とその特徴
・帯の種類
・帯の歴史的変遷
・帯の格について
・帯の製造工程


実際にこれらの説明を受ける際は、実物の帯を何種類も目の前にして、
目で見て(ときには専用ルーペで)、手で触って、ニオイをかいで(?)
机の上だけの勉強ではない、印象的な講義だった。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へひと休みでクリックよろしくです!



午後の時間は、自分の気に入った帯をどれでもいいのでひとつ選んで、
それを着物型にした反物にあわせてコーディネートの妙を見るという
「実践編」。……そしてこれをきっかけに、即売会にも入っていった。

即売会については、4コマ漫画vol.1にも描いたけれど、
事前に噂で聞いていたほどの「押し売り」のようなものは一切なかった。

まぁ、「お似合いですよ」とか、「一つもっておくといいですよ」とか、
「今日現金でというわけでなく、金利ゼロの分割払いも可能ですよ」とか、
「素敵ですから、ぜひいっちゃってくださいよ」とか言われましたけど…。

でも「いっちゃってですか〜?……イヤ、飛び降りられないですね〜(笑)」

とお返事すると、あっさりと
「まぁ、あったら良いものだし、なかったら無しで過ごせるものよね」と
販売員?さんとは、その後は、別の話になっていった。

販売に関しては、内心だいぶ構えて臨んでいたので、
この反応には少々肩透かし? いや、まぁそれでよかったんだけど。

帯セミナー編!まだ続きま〜す。
次回は、日本和装の帯セミナーの「噂と実態の格差が生じているその理由」
について、日本和装のシステムの観点から検証してみたいとおもいます。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

週末も毎週休マズ、毎日更新中デ〜ス(いまのところ…)!
毎回、見にきて頂いてちょっとでもぐふふとかほぅ〜とか
思っていただけましたら、ワタクシ最高の幸せ!デス^^。


コメント
こんばんは〜。
いや〜、2年もたつと様子が大分違ってますね。
というか、このセミナーがかなり口コミや消費生活センターのクレーム等で問題になったそうで・・・。
そのせいでもあると思います。
私の時なんて、正直「追い込み漁」でしたもん!

まあ、講師の契約する講師料にもセミナーでの売上げが反映するらしいので無理もないと思いますけど。
10人中7人は落とすという私の担当講師も、着物だけでなくバッグや時計等も高級ブランドの新作だったので納得できます。

まあ、無料で知識を提供するわけですから、多少はリスクがあるのも仕方ないかな〜と思ってますが。
だったらセミナーやコーデネートの勉強と言わず「販売会」って言えばいいのにと思います。
mixiなんかで見てても、業者さんや先生によって
かなりの差があるみたいですよね。私は今週末なので、
ちょっと緊張しちゃいます…│ω・`;)

続きも楽しみにしてまーす☆
  • りんご
  • 2008/04/07 12:56 PM
★まるにゃんサン
「追い込み漁」……まさに逃げる場所はナイ響きですね(怖)。
国民生活センターではHPでも注意喚起をしていますね。
たしかにその点は改善されてきたんだとはおもうんですけれど…
これって、やっぱり支局による地域差はいまだにあるような気がします。
たかぎさ〜〜〜ん ( ゜▽゜)/コンバンハです
たかぎさんの参加されたセミナーは
かなり、良心的だったんですね^^
最近私も行ったんですが、
なかなか凄かったですよ
でも、私は、運良く押しの弱い販売係さんだったので
無傷でしたが・・・(*^_^*)
クラスメイトは、帰りたい一心で契約しましたが翌日クーリングオフしました
簡単にクーリングオフ出来るようです
強引さには、地域差があるんですね\(◎o◎)/!
まだ、着物セミナーがあるから怖いです・・・
  • chi
  • 2008/04/07 10:45 PM
★りんごサン
今週末なのですねぇ〜。良い帯が見られるといいですね!
そして、午後の押しがなるべく強くないとイイですね〜……
こればっかりは、運としかいいようがないみたいで、、、
帯セミナー終わりましたら、ぜひぜひその様子をお知らせくださいませ。
楽しみにしています♪

★chiサン
こんばんは〜!わ〜、ウチはかなり良心的だったんですねぇ〜。
そんな気はしていましたが……だって、本当にいい人なんですもん^^;

>帰りたい一心で契約
マジすか…それはキツイ…。
日本和装側も自主的な無条件解約期間(契約日を含む8日間)を
設けていることをしっかりとHPに明記していますが、
(実質、クーリングオフと同じ条件ということなのでしょうね)
帯メーカーさんからしたらどうなんでしょうね……
そのあたりのメーカー:日本和装の今の構図が気になりますね。
当初のビジネスモデル構想と変化してきているのでは?
逆に言えば、変化せざるを得ないのでは?という気がしています。
小生はホメられて伸びるコでゴザル〜
一見さんも常連さんもコメントワイワイ大歓迎ッスよ!








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック