プロフィール

プロフィール 祖母から譲り受けたキモノに一念発起!
昨年なんとか自力で着付けをクリアーし…
現在の目標はキモノで落語を演ずること〜
そんな無謀挑戦中の漫画ルポライターッス
↓本家のHPはコチラ↓

連絡先

ご連絡・仕事のご依頼等は
↓こちらから↓
□お問い合わせ□

オススメキモノ本




著書










月刊WEB連載

過去の連載記事

モバイルQRコード

qrcode

講習三回目 名古屋帯を巻いてみる

前回の第二回は、生徒さん一人を代表にして帯を作ったけれど、
この日はいよいよ全員名古屋帯でお太鼓をつくって着付けます!

*名古屋帯とは……「て先」からお腹に巻く胴回りの部分が半分の幅になっていて
お太鼓部分は通常の幅になっている帯のこと。全長3.5〜3.6mくらい。
帯の種類については、また別の記事で独自に詳しく調べたものを乗せたいと思います。



前回と同じく長襦袢を着て、着物を何とかかんとか着付けて、いざ帯の着付けへ。
この日私が持ってきた帯は4本。どうやらいずれも名古屋帯らしい。
とりあえずどれでもヨイということで、いちばん軽そうな帯を選択。

先生が生徒一人をお手本に、皆に声をかける。

「左肩に半幅にした方の帯を掛けて……おはしょりの辺りまで下ろして」

(へぇぇ、最初は肩にかけたりするんだ〜、なんだかインドのサリーみたいだね)
なんて思っていると、その後ぐるりと前板の上に帯を巻きつけていく。


あ、あれ・・・?

なんか、巻き方がわからない。。。


先生は
「自分が回って、巻きつけていくのよ〜」
とおっしゃったけれど、

どっちに回っていいかわかんないっ。

みんなはクルクル回っているのに、わたしだけ右へ行ったり、左へ行ったり。
な、なんで、みんなちゃんと回れてるんだヨ!?

見かねた先生が、
「ハイ、こっちしっかりもって」
と帯を示し、わたしをぐるぐる回した。

……で、どっち回りだったっけ……たしか右回り(汗;)。
なんとか、、、なんとかクリア!!


ところが(ワタシにとって)その後最大の難関が残ってイタ!
(ほかの人にとっては、簡単ラクラクらしいのよ・・・)

それは、お太鼓をつくって、

背中へヒョッと乗せること。

背中を反らして、いっせいのーせっ!でヒョッと乗せるのだが、
これが……体が硬いのか、息が止まりそうなくらいキツイ!
(いや、息を止めているからキツイのか?)

これは、克服しなくては・・・!

そんなわけで、最近暇さえあれば、背中を反らして「ヒョッ」!のポーズを練習。

みなさん。
中央線のホームでヒョッ!とやってる人物がいたらそれはワタシです^^;

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
ウ、ウゴ〜!!2位になっとる〜。
アナタのドンペリ(1票)で僕をナンバーワンホストに押し上げてくださいっ(笑)


コメント
こんにちは。
毎回楽しくレポート拝見させてもらってます。
実は私も昨年の春からりょうこさんと同じ教室に通っていました。
帯を結ぶ時の手や身体の動きって、独特で…
なかなか最初は上手くいきませんよね。
私もよくお風呂上がりにTシャツ姿で(笑)帯だけ、練習していました。
(お風呂上がりだと、手や腕もピカピカなので帯も汚さないですし…)
おかげで最初の頃よりかはだいぶスムーズに結ぶ事が
できるようになりましたよ(^^)v
あと、お稽古に通っている時にDVD付きのテキストを購入したのですが
動画なので、手の動きなどが分かりやすく、復習にとても役立ちました。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4056043469/sonet0f-22/ref=nosim
よろしければ参考までに…
今後のレポート楽しみにしてます。お稽古がんばってください!
はじめまして。
いつも楽しく読ませていただいてます。
私も昨年から着付け教室に通いはじめまして、ちょうど1年がたちました。

名古屋帯・・・最初に締めたときは腕がつりました・・・

これからも楽しいレポートよろしくお願いしますね!
  • ゆっきん
  • 2008/03/23 8:17 PM
お太鼓を背中に乗せるのって、慣れるまできついですよねー(^^ゞ
これも凄くよくわかります・・・。
因みに母の着付け方は、前で全て完成させて、最後に後ろにまわすやり方(ちゃんと後ろで着付けする方からみると邪道らしいが・・・)だったので、私も初めてちゃんとした着付けを習ってみて、こんなに大変なもんかと思いました・・・。
でもね、何度かやってるうちに慣れますから♪頑張って下さいね^^
★ユキヲさん
コメントありがとうございます!
ユキヲさんはその後の日本和装のコースにも参加されているのですね〜。
ワタシは実は今それをちょっと悩んでいます。
(まだ4回目でナニ言ってんだと自分でも思うんですがーーー)

母は資格とか、上を目指すとかそういう目的でなくても、
とにかく着続けることが大切だから、稽古を続けなさい、
そのためにはお月謝を払って定期的に通いなさいとしきりに勧めるのです。
まぁ、こればっかりは4ヶ月やってみないとわかりませんが・・・。
また、ユキヲさんの経験談をいろいろお聞かせいただけたら嬉しいです!

また、本のご紹介もありがとうございます。
今の先生が市田ひろみ氏のお弟子さんなので、市田氏の出されて
いる本を購入したのですが、やはり動きがないと肝心なところが…。
やっぱりDVDつきのも買ってみようと思います。
★ゆっきんさん
初コメントありがとうございます!
見てくださる方から、声を掛けていただくと、本当に励みになります。
なんだか、アクセスは驚くほど増えているのに、コメントなしだと、
これは一体……ど、どういう反応なんだろうか・・・とかビミョーな感じで(笑)。
ありがとうございます。これからもコメント、どうぞよろしくお願いいたします。
そして、名古屋帯が難しかったのは私だけではないということ
証明してくださって、ありがとうございます(笑)!
★ねこさん
コメントありがとうございます!!
ねこさんは、やっぱりねこさん飼ってらっしゃるのかしら……?
うちにも3ニャンいるんですよ〜♪もしよかったら、このコメントの
わたしの名前のリンクからニャンコブログも見てくださいませ〜♪(親ばか)
そして、エレクトーンも習っていらっしゃるのですか?
なんだか、着付けも音楽もと才色兼備な香りが〜。
ワタシはといえば、ピアノはずいぶん習いましたが挫折し、
今はバンドでキーボードをやるくらいです。
でも、音楽も続けていると、楽しいですよね!
これからもどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
4か月続けるとその後も続けたくなると思うよ〜
自分で着つけられるようになると楽しくなるもの。
私は身幅があるので帯の幅が足りず難儀しました。。
  • キン子
  • 2008/03/24 12:01 PM
はじめまして。mixiからおじゃまします。
思い当たることばかりで頷きながら読ませていただいてます。
私もつい先週某着付け教室の3ヶ月終わったところです。先生は市田ひろみさんのお弟子さんでした。

ほんとワンピースの後ろファスナーよりキツイですよねお太鼓;;
暇があると腕を後ろに振りあげ練習、それを愛犬が遠巻きに眺めてます・・・。
でも着慣れるうちになんと肩こり解消!姿勢がよくなって便秘まで解消!違った意味で着物続けようと思いました(笑
次の記事も楽しみにしてます。張り切って突撃お願いします♪
  • リカ
  • 2008/03/24 2:48 PM
★リカさん
先生が市田さんのお弟子さん!
ということはワタシとリカさんは孫弟子同士に(笑)?

そして、あの動作がキツイというのは、ワタシだけではないと
リカさんに言っていただき、とても心強く(?)思いました^^;
練習あるのみですね(たとえ、愛犬や愛猫に奇異の目で見られても...)

これからも、どうぞあたたかく見守ってくださいませ。
よろしくお願いいたしますm(..)m
たかぎりょうこさま

遅ればせながら、コメント&トラバありがとうございます♪
ブログ、楽しく拝見させていただきました。
わたしは去年の秋から着物をはじめた初心者なのですが、
我流で着るうちにどっぷりはまり、散財しまくっている
今日この頃です(笑)

帯難しいですよね。わたしはお太鼓の柄が固定じゃないもの
ばかりだったので当初気にならなかったのですが最近買った
帯が果てしなくらぶりーなかわりに、らぶりーに着てあげる
にはうまく着付けなきゃいけなくて苦しんでます・・・。

でもとにかくどんどん着て出かけることですよね!
これからもよろしくお願いしまーす。
★びーとサン
コメント頂きありがとうございます!嬉しいです♪
その後、お太鼓の練習を一人脱衣所でやっていますが、
なかなかピシッとうまくいくことがないです(汗;)

早く自分で着付けできるようになって、でかけたいな〜。
それには草履が必要だよな〜、なんて妄想ばかり膨らんでいるんですが、
その前に、きちんと着付けられるようにならなければ〜。

これからもどうぞこのブログを暖かく見守って下さったら
嬉しいです。よろしくお願いします♪

小生はホメられて伸びるコでゴザル〜
一見さんも常連さんもコメントワイワイ大歓迎ッスよ!








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック