プロフィール

プロフィール 祖母から譲り受けたキモノに一念発起!
昨年なんとか自力で着付けをクリアーし…
現在の目標はキモノで落語を演ずること〜
そんな無謀挑戦中の漫画ルポライターッス
↓本家のHPはコチラ↓

連絡先

ご連絡・仕事のご依頼等は
↓こちらから↓
□お問い合わせ□

オススメキモノ本




著書










月刊WEB連載

過去の連載記事

モバイルQRコード

qrcode

【落語編】スタート!落語をやろうと思ったワケ


 
さてさて!本日よりいよいよ「落語家編」のはじまりでゴザイマス〜!
…とはいえ、“なんで落語なの?”、“しかも聴く方じゃなくてやる方なの?”
というのは、自分でもうまく説明できないところなんですが…--;

強いていうなら、、、
キモノを自力でなんとか着付けられるようになった一昨年。
そんなドタバタ七転八倒(?)てんやわんやな日々をに収めた昨年。

そんな風に対外的なキモノ活動はしているくせに、ふと気がついたら、
キモノを着る機会が圧倒的に減っていることに気づいちゃったのデス!

こりゃー、イカン!着なければ、どんどん忘れてしまう着付け。
キモノだって、着なければ本当にただのタンスの肥やし。
さらには年末に片づけをしたので(詳細はコチラに…)
その間「愛着物」ちゃんたちは、実家に避難して頂いていたのです。

そうなりゃ、当然着るモノも限られる、でかける機会もない。
どんどん、どんどん、現実には洋服の日が多くなるわけで、、、。

そんな折、熊野古道ちゃん(日本和装時代のクラスメイトです)と
国立劇場に歌舞伎を見に行くことになり、彼女は素敵なキモノ姿で。
…そしてワタシは、怪しげないつもの黒づくめのゾロゾロ洋服姿で…。

(これはイカン!イカン!イカン!イカン!)
まぶしすぎる彼女の姿に、ワタシは数週間前から迷っていた
あることをおもわず口走っちゃったよっ!

「ねぇ、熊野古道ちゃんさ。あたいと一緒に落語習わない?」

そう、落語を習えば、当然キモノを着るじゃありませんか。
洋服で高座にあがるなんてアリエナイ。

以前からキモノを着てやるお稽古事をすれば、定期的にキモノを
着るチャンスになる!とおもってはいたので、そんなお稽古事を
探していました。しかし、なぜかお茶…にはいかず、落語へ〜。

そんなことを話したら、熊野古道ちゃん一つ返事で
「あ、いいかも!あたしもやろっと」
(なんちゅー、ノリのよさなんだよっ!)

というわけで、そもそもはキモノを着てやるお稽古事をして、キモノを
着るチャンスを増やしたい、と思ったのが、きっかけだったのでした。


とーこーろーがー


いよいよ、待ちに待った落語体験講座第一回目!
前日の夜に熊野古道ちゃんとのメールで、

たかぎ:「明日はキモノだよね?」
彼女 :「そうですよ〜、パンフレットにも服装はキモノって書いてあるし!
      しかも、明日はひとり2分の自己紹介もあるんですよっ?
      たかぎさん、もう考えてます〜!?」

と、かなりの張り切りようが伺えた!

自己紹介はそんなに考えていかなかったけど、
とりあえずキモノはなんとしても着ていかなくては浮いてしまうっ!と、
当日は17:30出発なのに、16:00〜着付け開始。

で、いそいそと19:00にお稽古が始まってみたら〜!!!!!

思いっきり洋服じゃん…熊野古道ちゃん…。
しかも、クラス全員ワタシ以外、洋服じゃん……。

(どういうこと〜〜〜!!!?)という視線を熊野古道ちゃんに送るも、
講座が始まるので、そうもばっかり言ってられない。


ところが……
ひとりだけいた……。

キモノを着た人物が。

しかもワタシみたいにナンチャッテ長襦袢じゃなくて、
ちゃんと中にステキな長襦袢を着てらっしゃる!!

さてさて、その人物とは、、、!?
次回衝撃の人物の登場ですっ。
(イヤ、これマジで驚愕ですよっ!)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

想像もしない人物です……
台風の目となることマチガイなし!!

【落語家編】スタート!

どうぞ応援投票ヨロシクおねがいします!m(..)m

JUGEMテーマ:落語

コメント
私は高校時代、落語研究会に所属しておりました。
で、高校時代に付け焼き刃で着物を着るようになったので、
これではいかん、きちんと習おうと思って
卒業後30年近く経過して着付けを習い始めました。

たかぎさんときっかけが反対ですね。

確かに着物は着て慣れることが必要かと。
毎日着物をきていた頃は10分で着ることが出来たもんなぁ。
今はやはり20分ほどかかってしまうので、また着る機会を増やしたいです。
  • 和代
  • 2010/02/09 1:24 PM
こんにちは。早速お邪魔しました。
楽しいブログですねぇ♪

私も結婚前、着付けを習っていた事もありますし
ネコも実家で飼っていてダイスキなので
毎日通いたくなりました(^^)
  • ハチ子
  • 2010/02/09 1:56 PM
私は昔、弓道をやっていたんですが振袖に袴を付けて
弓を引くのをやってみたかったなぁ。
普段はは白い上着に黒い袴だから・・・。

・・・・振袖も着れない年齢になっちゃったわ。
  • 麿里
  • 2010/02/09 4:53 PM
★和代サン

な、なんと落研出身だったんですか……!?和代さんが〜!?!?
なんだかその和装のスッとしたイメージからは程遠いような(笑)。
ひゃー、これは今年の関西巡業ではぜひ思い出して一席…おねがいします(笑)。

それにしても、昨年の京都訪問では本当にお世話になりました。
記事にするのがこんなに遅れてしまって本当にスミマセン…!
次に京都訪問の際は、ぜひ弥生屋さんで着付けお願いいたします!
(おデブなので、キモノは持ち込みますので^^;)
★ハチ子サマ

お越しいただきまして、ありがとうございます〜。
楽しんでいってくださいませ。
そして、桐の専門家のハチ子さま。
キモノ収納の件に関して機会がありましたら
ぜひぜひ相談に乗ってくださいませーm(..)m
これからもどうぞよろしくお願いいたします^^
★麿里しゃま

麿里姐さん、長良川の鵜飼舟でお給仕していたり、
弓道をしていたり、実は昔から和女子なんですねぇ!

そうそう。高座に上がるときは袴にしようとおもっているのです。
今色を迷っているんだけど……上も問題よね。
よくわからないのが、2尺袖(小振袖)にしたほうがよいのか?
それとも既婚だからいつものキモノを合わせたほうがよいのか…。
このあたりも記事でみなさまにご意見・ご教示お願いしたいと
思っている話題なのでございます〜。新しい和装の世界だわ〜!
小生はホメられて伸びるコでゴザル〜
一見さんも常連さんもコメントワイワイ大歓迎ッスよ!








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック