プロフィール

プロフィール 祖母から譲り受けたキモノに一念発起!
昨年なんとか自力で着付けをクリアーし…
現在の目標はキモノで落語を演ずること〜
そんな無謀挑戦中の漫画ルポライターッス
↓本家のHPはコチラ↓

連絡先

ご連絡・仕事のご依頼等は
↓こちらから↓
□お問い合わせ□

オススメキモノ本




著書










月刊WEB連載

過去の連載記事

モバイルQRコード

qrcode

【旅・関西巡業-(5)】京町家の間取り検証!



さてさて、伝統工芸体験も終わり、京都の猫友さんともお会いして
おいしいお豆腐料理をご馳走になり、ドライブで夜の京都を見せてもらい
(その節は本当に何からなにまで〜お世話になりました。。。T-T)
さらには、宿泊先のゲストハウスにまで送って頂いてしまいました。

ちなみにこの猫友さん、実はプロの着付け師さんでもあります…!
テレビのタレントさんなんかの着付けもされているようですよ〜
レンタル着物もされているそうなので、京都へお越しの際はぜひ
着付けの弥生屋で、キモノで京都の街を闊歩〜!オススメです。
(ワタシ今回結局京都でキモノ着られなかったので、今年もう一度
関西巡業するときには、ぜひ弥生屋さんで〜と思っております
着付けの秘伝のコツもおそわっちゃうぞ〜、へへへ〜〜〜)


で、到着いたしましたのが、
こちら、京町家ゲストハウス京のenさんです。
夜遅くに着いたのですが、おかみさん(?というにはお若い)が
明かりをもって外まででてきてくださって、歓迎してくださいました。
夜はこのエントランス、ライトアップされてとってもキレイなんです。



建物外観図。パッと見は町家のようには見えませんね。
どちらかというと一般家屋のイメージに近い感じ。



しかし中に入ると……なるほど町家の間取りなんじゃないですか!?



一番奥に設けられた「みんなのくつろぎスペース」が印象的です。
中庭を改造されたのでしょうか?



ワタシたちの予約した部屋は2階…というわけで、
少々急な階段をトントンとあがっていきます。



つーっと戸(ふすま?舞良戸?)を開けますと、



ん〜、あんまり上手に撮れてないんですが、
4畳半、いやもうちょっとかな?というくらいの広さです。
内装なんかは、特に手をいれたという風ではなく、そのまま。
戸は入れ替えてあったように思います。



面白かったのは、この表示!
さすがゲストハウス〜。
このときは夏でしたので、もちろん借りることはなく〜



さて、もう一度下に戻って、今度は共有スペースを探検です。
玄関を入ってすぐが共有スペース&台所になっています。
茶棚の中のコップやお皿は自由に使用します。



茶棚の向こうに簡単な炊事ができるキッチンが。



ドリンクもフリー制なので、お湯を沸かして、
茶棚からとったコップにここでコーヒーを煎れます。



台所から北側に抜ける廊下。
正面に見えるのは実はお風呂です。



そのお風呂。バスタブ部分は塞いで物置きにしてあり、
手前のスペースでシャワーが浴びられるようになっています。


ちなみに、今回お邪魔したゲストハウスの間取りを、
記憶をたどりながら簡単ですが書き起こしてみました。



こちらのページで紹介されている京町家本来の間取りと比べてみると
なかなか面白いですよ。なるほど、元の形状を活かしつつゲストハウスに
うまく生まれ変わらせてあるんだなぁ〜、というのが見えてくるような。

 

ちなみに、今回なんで町家に興味をもったかというと……
大学時代、一般教養でとっていた美術の先生の専門が町家だったんです。

当時は、ふーん、はぁ、とあまりピンとこなかった鈍い学生だったのですが
たくさんのスライドを目の前で見て、当時から町家保存、活用の問題など
先生は学生相手に一生懸命語っていらっしゃいました。
今も大学で教えていらっしゃるのだろうか…一番左の本の藤島先生。
今一度、お会いしてお話を伺ってみたいと、今なら心から思います。。。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

さて、これで京都編はいよいよおしまい!
明日からはなんと!落語編が始まります〜!!!

またどうぞ応援投票ヨ ロシクですm(..)m

JUGEMテーマ:旅行
日本和装で、京町家の運営が始まったようですね!

「無量寿庵」という町家宿泊施設です。
無料と無量を掛けているのでしょうか?

この町家宿泊施設、基本的に宿泊料金は無料です(2日まで)。
ただし、日本和装で4ヶ月講習を修了した人が対象。
(でも、宿泊するときに対象者が1人入っていれば、4名まで無料宿泊OK)

ただ、やっぱりそこは無料とはいえど、
日本和装さんからの「お願い」もあります。

*宿泊する人は必ずきものコンシェルジュ(※)のご利用をお願いします。
(※)きものコンシェルジュとは
京都の加盟店(織元や染めの工房など)への見学、
購入などのご相談、また観光の手配をさせていただきます。

つまりは、無料で宿泊というのは、やっぱりキモノセミナーとセットということですね。
本場で良いものを見られる機会、ちょうど一張羅が欲しかったのよ!
という方にはぴったりのプランかもしれません。

コメント
小生はホメられて伸びるコでゴザル〜
一見さんも常連さんもコメントワイワイ大歓迎ッスよ!








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック