プロフィール

プロフィール 祖母から譲り受けたキモノに一念発起!
昨年なんとか自力で着付けをクリアーし…
現在の目標はキモノで落語を演ずること〜
そんな無謀挑戦中の漫画ルポライターッス
↓本家のHPはコチラ↓

連絡先

ご連絡・仕事のご依頼等は
↓こちらから↓
□お問い合わせ□

オススメキモノ本




著書










月刊WEB連載

過去の連載記事

モバイルQRコード

qrcode

【旅・関西巡業-(4)】京都で一日型彫体験-2


いやはやいやはや、もうすっかり更新が滞ってしまっていた当ブログですが、
(しかも、京都編の途中で。せめてここだけでも完結させてから休めばイイのにねー)

またまた、再開いたします〜。本格的な再開は3月からになると思いますが、
まずは、この京都編をしっかりと完結させなければですよねぇ!というわけで、
超〜遅れ馳せながらですが、京都編まずはあと2編お送りさせて頂きます〜。


こちらがワタクシのリクエスト「童子」に対して、

先生が用意して下さっていた型紙です!

めちゃめちゃ好み…しかも主線を先生がすでに切り抜いて

下さっているので、これは次回必ずトライの一品です。


しかし、今回はやっぱりコレでしょう〜!

ということで、先生が特別にこちらのブログのイラストから

起こして下さった型紙を使って、Tシャツを染めることに。


主線を切って頂いた大元になる型紙をベースにし、

重ねる色ごとのパーツを作っていきます。


ちなみにこれは、達人が使っている彫刻刀と

ワタシたちが使わせてもらった彫刻刀。

当然細い繊細な下のものが達人のお道具です!




さて、どんどん切り抜いていきますよ〜


そして切り抜いた型紙パーツごとに色を載せていきます。

しかし、ココでワタクシ大胆にも(本人にその意識ナシ)

長襦袢の色に大好きな色、緑色をベタァ〜ッと塗ってしまい、

非常にセンスのない感じの出来上がりが予想される事態に。

この事態に、達人あわてて長襦袢に梅の模様を入れよう!と

急遽追加で型紙をイチから彫ってくださったのです。

(うー、その節は本当にご迷惑おかけしました…)

その後さらに、ワタシがその梅の塗りで失敗し、

えらくぼやけた梅になってしまうというハプニングもありつつも、

なんとか達人のテクでリカバリー…していただき…

ヨッ!できあがりました!

こんなかんじに〜

いや〜、本当にほとんど達人の技ですね(笑)。

ちなみに達人がご自分で最初から最後までされると、

こんな感じの出来上がりに。やっぱりプロはスゴイ!

いくつかのデザインから作る型紙Tシャツなどの依頼も請けておられるそうです!

なにかコレ!っていうデザインのある方はぜひご相談されてみてはいかが?


染型彫刻 和田禅工房さんデス。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
ひさびさになりますけど〜
またどうぞ応援投票ヨ ロシクですm(..)m


コメント
小生はホメられて伸びるコでゴザル〜
一見さんも常連さんもコメントワイワイ大歓迎ッスよ!








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック