プロフィール

プロフィール 祖母から譲り受けたキモノに一念発起!
昨年なんとか自力で着付けをクリアーし…
現在の目標はキモノで落語を演ずること〜
そんな無謀挑戦中の漫画ルポライターッス
↓本家のHPはコチラ↓

連絡先

ご連絡・仕事のご依頼等は
↓こちらから↓
□お問い合わせ□

オススメキモノ本




著書










月刊WEB連載

過去の連載記事

モバイルQRコード

qrcode

【本】これはオススメだ〜!『ファブリック帯の本』

今日は本当は違う話題のことを書こうと思っていたのですが、急きょですね、
この本が届きましたので話題変更!で、連続してキモノ周り本紹介となりますっ。

そのご紹介したい本というのは、コレ!
『ファブリック帯の本』 表参道のくるり所属の着付け師さんが出された本です。

もう、お求めになった方もいらっしゃるのではないかと思うのですが、
ワタシもこの本を1週間ほど前に本屋さんで初めて見かけて以来気になり、
ついにamazonで購入してしまいました〜。だって波長が合ったんですもの〜。

この本の内容は、従来の帯は少し横に置いておいて、
ファブリック帯という「芯の入っていない長い布状のもの」を提案しています。
作ってもいいし、自分の身の回りにあるショールなどを活用してもいいみたい。

ワタシも南国色のショールなどは、帯揚げに活用したりしていたので、
この帯にも使うという発想は、とても納得がいきました。

問題はこの帯芯なしの長い布が、キッチリ締められるかというところだと
思うのですが、結び方の基本は半幅帯の結び方に準じているような気がします。
ワタシがやってみた感じだと、帯板くらいはいれたいな〜、と感じました。

帯結びのための講習などもされているようなのですが、↓こちら↓
『くるりの帯結びブログ』も、丁寧に書かれていてオススメですヨ。

波長が合うのかな?と思ったのは…あの…ワタシ今回の本を作るときにですね、
最初に思ったのは「まずはキモノをまとわねば始まらない!」と思ったんですね。

高級なものを知るのはもちろんすごく勉強になるし、見る目も肥えます。
でも、まずは自分の気に入ったところから、これなら着られるかも?
と思ったところから「はじめてみる」ってことが、キモノのよさを知る人を
増やすことにつながり、一番貢献するのではないかと…思いマシテ…。
(エラそうなこと言ってスミマセン〜〜〜m(__)m汗汗

そういう意味で、こういう入り方があっても大いによいのではと思うのです。

・まずは、身の回りにあるお母さん、親戚のキモノから。
・それから、気に入ったポリエステルキモノを誂え、自分サイズの喜びを知り、
・そのうち素敵なリサイクルキモノに出会うこともあったり……
・どんどん身の丈にあったキモノを着ていくうちに、やっぱり良いものが欲しい。

そうなっていくと思うんですよね。

だから、まずは着ないと。気に入ったものを身に纏ってみるのが第一デス!
そんな気持ちで作った本です。

そんな風だったので、楽しんで、自分の感性に従ってまずは締めてみよう!
というように(ワタシには感じられる)この本が好きになったのでした。

そうだ、そうなんです〜この本とですね、拙著キモノ本がですね、なんと!
光栄なことにamazonの新着リリース本で並んでランキングされているんです・驚
(まぁ、一時間ごとに変わるそうなので、いつまでもつか・笑)

しかし、そんな風に並んでいるのはとってもありがたいことですので、

ここでもこんな風に紹介させていただこうと思います。
さっそく本ブログの「オススメ本」のところにも追加いたしました!

着物のプロや、道具のプロの集う和情報のブログポータルはこちらへどうぞ。
ワタシもひそかに楽しみにしているサイトが実は3つくらいあるんですョ・・・♪

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

(まったくの余談ですが、実はワタシが初めてキモノ屋さんに行ったのは、高校生の頃
どうしても洋服と袴が合わせたくて、おそるおそる足を踏み入れたくるりagaruさんの方でした!
あの頃は同潤会青山アパートも近くにあって……色んな小さなお店が入ってて、懐かしいなぁ〜

今回の本でもくるりさんのことは載せていて、何だか妙〜なご縁を感じたりして^^;
とりあえず、姉妹店吉祥寺のkesaさん、久しぶりに寄ってみようかなぁ〜)

これからもがんばります!応援投票ヨロシクですm(..)m


コメント
両方の本を読みましたよ。たかぎさんの本面白かったです。
ファブリック帯も興味があって麻のものを購入しましたが、やっぱり半幅の方がしっかり結べていいかなぁ・・と思いました。
  • ナツ
  • 2009/08/27 5:29 AM
★ナツサマ

いまさらのお返事申し訳ありません…!
拙著をお読みいただいたとのこと、本当にありがとうございます。

ファブリック帯は、やっぱり自分の好きな柄を見つけた時の喜びと
ゆる〜い感じで着こなせるところが魅力かなぁ〜、なんて
思いながら、へなちょこ着付けしています(笑)。
小生はホメられて伸びるコでゴザル〜
一見さんも常連さんもコメントワイワイ大歓迎ッスよ!








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック